ショートステイ(短期入所生活介護)とは

短期的に(数日~1週間程度)介護老人福祉施設へ入所し、日常生活の介護や機能訓練などの介護を受けながら施設での生活を送ることのできるサービスです。

こんな方

  • 介護する側の体調が悪く自宅での介護が困難な時
  • 旅行や冠婚葬祭などで一時的に家を離れる時
  • 介護負担軽減のため一時的に面倒をみてほしい時

利用できる方

要支援1・2、要介護1~5の認定を受けた方、または特定疾病が原因で介護を必要とする方
このサービスを利用できるのは、要介護認定を受けて「要支援1・2、要介護(1~5)と認定された方」あるいは「特定疾病が原因で介護を必要とする40~64歳の方」です。
介護する側のメリット
ご家庭の事情によりどうしても家を離れなければいけない時や、被介護者の同行が難しい場合など 一時的に介護をするのが困難な時でも、安心して出掛けることができます。 また、たまには介護から離れて旅行がしたいといった時にも活用できます。
介護される側のメリット
ご家族や介護をしてくれる人が不在の間も、食事やレクリエーション、健康チェックなどの介護サービスを受けることができるので安心して生活することができます。


サービス内容

  • 日常生活の介護
    食事・入浴・排泄などのお手伝い
  • 機能訓練
    日常生活動作のリハビリテーション
  • 健康管理
    バイタルチェック(体温・血圧など)
  • レクリエーション
    お花見などの年中行事やお誕生会などもりだくさんのイベント

一日の流れ

ショートステイの1日の流れ

サービスご利用の申込について

step1

担当のケアマネジャーへ相談
まずは担当のケアマネジャーにショートステイ(短期入所生活介護)の利用を検討してもらいましょう。

step2

お申込み
ショートステイ利用の希望日程等(利用限度日数は介護度により異なる)を各施設の担当者との面接を交えてお申込を受け付けます。

step3

診断書の提出
初回利用時までに医師の診断書が必要になります。

step3

ご利用開始
※ご利用2回目以降につきましては、お電話でのお申込みにより受付いたします。

このサービスを利用できる施設について詳しく見る

シナプソロジーについて
介護職員初任者研修のご案内
施設見学ツアーについて